ピーナッツどっとこむ

準備OK?スポーツジムデビューで気をつけること

      2018/02/13

Fitness

skeeze / Pixabay

SPONSORD LINK

社会人が始めたいと思っている習い事として常に人気の「スポーツジム(フィットネスクラブ)」。いつも健康診断の時期になると後悔し、運動しなくちゃ…って思いますが、いざジムに通おうと思ってもどうしたら良いかわからず、なかなか最初の一歩が踏み出せないものです。

ジムデビューでは、何かと不安がつきもの。今回は、初めてスポーツジムに通う方に向けて気をつけたいことをまとめてみました。

ジムは何を基準に選ぶのが良い?

まず最初に悩むのが、どこのジムにするかということ。大手スポーツジムの「コナミスポーツクラブ」だったり、「セントラルスポーツ」、「ティップネス」、「ルネサンス」など、たくさんのスポーツクラブが存在します。

ジム選びに一番のおすすめは、やはり見学してみること。ほとんどのスポーツジムは、見学や体験を受け付けているので、実際に中を見て、受付やトレーニングルームの雰囲気で決めるのが良いでしょう。

意外と、雰囲気って違うものです。

わたしも行ってみるまでは、どこも同じだと思ってました。違うのは、場所と、新しさと値段くらいかと…”(-“”-)”

でも、いくつかのジムを見学するとわかるのですが、プールが混んでいて子どもが多かったり、トレーニングマシンやスタジオのプログラムが人気でシニア層が多かったりと、色々です。

時間帯によっても客層が違うので、自分が通う曜日と時間帯で見学に行くのが一番良いと思います。

必要なものは?

契約を終え、実際にジムに通う場合に必要になるものは以下のものです。

  1. トレーニングウエア上下
  2. シューズ・靴下
  3. 水着
  4. スイムキャップ
  5. ゴーグル
  6. タオル・バスタオル

プールに入らない方は、ウエアとシューズ、タオルがあればOKです。
実際にどのようなものを選んでいるかは、別の記事でご紹介しますね。

Swimming

Survivor / Pixabay

デビュー初日に適した日とは?

初日は、とにかく混雑していない時間帯に行くのがベストです。

見学は、自分の通いたい時間で行くのが良いのですが、初日のジムは、とにかく空いている時間帯で行くことをおすすめします。

最近のジムは、想像している以上に人がたくさんいます。そのため、混んでいる時間帯に行ってしまうと、受付もインストラクターの方も他の会員さんの対応に追われ、ゆっくりと説明を受けることができないのです。

わたしの場合、入会の際には「丁寧に説明しますので大丈夫ですよ~」などと言われていたのに、当日行ってみるとインストラクターの手が空かず、ほったらかし、という感じでした。(これはほんと寂しかったです…)

混んでいると使いたいマシンがあっても埋まっていたりして、予約するようなかたちになるのですが、予約の方法も不慣れなので、最初は戸惑ってしまうでしょう。

そういったことを避けるため、体験や初日は、事前に受付の方に空いている時間帯を確認し、少しでも空いている時間帯に行きましょう!

どんな雰囲気?

ほとんどの方が、ひとりで来られていて、黙々とトレーニングされています。音楽を聴きながらトレーニングしている方が多いですね。

すごくベテラン?になると、自転車をこぎながら持参のマンガ本や新聞を読んでいたりします。最初はびっくりしました(笑)

トレーニングルームでは、男性が多く、女性の割合は3割くらいでしょうか。スタジオのプログラムになると女性がほとんどで、たまーに男性がいる感じです。

また、長く通っている方というのももちろん多いのですが、始めたばかりの方も多いです。

Gym

Sendoku / Pixabay

スマホの取り扱いには要注意!!

入会した際には説明を受けると思うのですが、スマホの取り扱いには十分注意するようにということでした。特に、ロッカールームでは着替え中の方がほとんどなので、プライバシーの問題で使用禁止です。

たしかに、うっかり使用して誤解を招き、トラブルになってしまっては大変ですからね…。実際にトラブルが起きたこともあるそうなので、気をつけましょう。

まとめ

慣れるまでは不安ですが、実際に行ってみると何も問題はありません。マシンの使い方とか施設の使い方とか、わからなければ聞けば良いだけですし、一番気にしていた水着の問題も、まったく問題ありませんでした。

それよりも、おしゃれなウエアを着て体を動かしていると気分が上がってストレスも解消されます。今まで運動に縁がなかった方も、この春から始めてみませんか?

≪関連記事≫

SPONSORD LINK

 - 生活